2017年04月21日

きまぐれUO日記:PUB97のペット育成実験 in 出雲とか、育成のコツやデータ集など

17/04/29:こまごまとした仕様変更などの部分を追記。


Author:試作D型
-----


どうもダイです。

さて、4/19の夜中ですが、出雲にPUB97が導入されました。
それまではずっとTC1で色々検証していましたが、自分のホームシャードに下りてきたため、早速ですがペット育成の実験をしてみました。

今回は記事としてちょっと長いので、折り返しておきますね。


なお、今回の調査/育成対象は荷ゴキ(Giant Beetle)です。
さて、育成にはどれくらいの時間がかかって、そしてどのくらいの強さになるやら…



本気を出せばそんなにかからなかった…
posted by ダイ&エイ at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

きまぐれUO日記:第5回 北斗槍試合に出場してきました!

第5回北斗槍試合に出場してきました!


Author:試作D型
-----

どうもダイです。

最近疲労がなかなか抜けずに悪戦苦闘しております(ぉ

それはそうと、昨晩21:45からですが、北斗シャードのトリンシックマーケットプレイスにて、第5回 北斗槍試合が開催されました。
その大会に今回出場してきましたので、いつもながら内容をざっくりとまとめてみたいと思います。


-----

北斗槍試合も今回で5回目となり、連続出場も4回目になります。
今回は先週の出雲乱戦にて優勝した勢いを持っていけるかどうか?というのが個人的には大変気になる試合となりました。

今回は一部注意事項が追加+1回戦終了後に全選手の記念撮影を行うことがアナウンスされました。
注意事項は、試合中のサーバーダウンの扱いについて。
最近北斗のサーバーダウン激しいですらねぇ…><
原則試合はサーバーアップ直後に再開、試合の結果はサーバーダウン直前を引き継ぐ形にするとのことです。

また、記念撮影は倭国でも同様の形式を採用しているのですが、これがあると全選手のPD一覧とか撮影するのすっごく楽でありがたいのです…!
なにより記憶を共有できるタイミングがある、というのも重要ですしね。
(トップのスクリーンショットは記念撮影の様子です)

あ、あと今回から北斗では第4位まで賞金が出るようになりました。地味に嬉しい…


さて、今回の衣装はこんな感じに大幅イメチェンしてみました。

And(170412-204303-02)_blog.jpg


「マジシャンバニーガール」をイメージして装備を新調してみました。
カラーリングは白黒でビシッと統一、金属染めのチェインレッグで網タイツを再現しつつ、武器はカオスネオンでマジカルな感じを、盾は白いお盆をイメージしてみました。

こんな見た目ですが、回避は65まで詰めてあります。
当初はドラゴンタートル腕+ボーングローブだったのですが、強化剤を手に入れることが出来たため、満を持してボーンアーム+ドラゴングローブへと換装したのが要因です。



今回の槍試合参加者は合計8名となりました。切りの良い数字ですね。
PUB97前夜というのもあり、割と静かな感じでスタートしました。
(大きいパブリッシュだけあって、皆情報集めと検証に奔走しているものだと思われます)

とりあえず全員のPDを撮影しましたので、ペタリ。

第5回北斗槍試合に出場してきました!


(横一列で見づらいですが、ごめんなさい;)

北斗槍試合は、ベストドレッサー賞があるため、各個人のパーソナルカラーなど、結構主張がハッキリ出る衣装が多い気がします。
こういう大会だと、見た目をこしらえる楽しみもあって良いと思うのです。
やはり観客も見ていて楽しいですしね!



さて、今回は1回戦第2試合からの出場です。
相手は…



いきなり相方と激突です(汗



相変わらずスクリーンショットなんて取っている余裕がないので、テキストでお送りするほかないのですが、途中1-1からの相打ちでサドンデス突入+その最中に両者ブロック→麻痺カウンター同時発動という非常にレアな光景を繰り広げつつ、最終的には19合目で自分が相方を押し切り、2回戦進出となりました!

相方の分もがんばるよー!



2回戦は、北斗のドス赤い人がお相手。
運が良いのか悪いのか、赤レーンのドス赤い人という、見た目にしっくりくる組み合わせに、「これは厳しいかも」と思ったのですが、1本先取した後の相打ちで、ギリギリ逃げ切ることが出来ました!
これでめでたく決勝進出となりました。



そして決勝。お相手は倭国トリンシック首長にして、放浪の騎士様。
この方とはあちこちの槍試合で良く戦っている気がします…

第5回北斗槍試合に出場してきました!


決勝戦のアイサツタイムの一コマ。
唯一スクリーンショットを取れたタイミングがありました…

せっかくここまで来たので、出雲の叔父キャラであるうちの騎士の言葉「こういう時は無心で戦え」を実践することにしました。

ひたすら無心になって、槍を相手に向けて突撃します…
その結果…







えー、見事優勝致しました!




先週の出雲乱戦に引き続き、2連勝というとんでもない流れを引いてる模様です。

そして、優勝の余韻に浸っていると、ベストドレッサー賞の発表が始まりました。
今回は得票数6で無事(!)単独受賞となった模様です。






まさかのダブル受賞となりました(大汗



ベストドレッサーも自分が持って行ってしまいました…
なんか嬉しさと申し訳なさと色々混ざっちゃって、慌てながら賞品を頂きました。

応援してくれた皆さま、どうもありがとうございますー!

頂いた賞金は、北斗に全部落としてしまう所存です。
(出雲から持ってきた資金と足して、何か大きな買い物でもしよう…)


主催者の皆様、参加した騎士の皆様、そして観戦にいらしたすべての皆様、本当にお疲れ様でした!


-----

今回は前回の北斗槍試合の日記に書いた通り、表彰台(のトップ)に上ることが出来て、大変うれしく思うとともに、この流れが果たして続くのか続かないのか、ちょっと心配になってくきているという複雑な心境になっていたりします。

次は選挙後の6月か7月。こちらもバタバタする可能性が非常に高い時期なので、何とか出場したいですが、はてさてどうなることやら…




オマケ:槍試合の賞品一覧と、記念品のくまトロフィー。

第5回北斗槍試合に出場してきました!


左列が優勝賞品(1M+勇士の表彰状)、中列がベストドレッサー賞(1M+エスケープブーツ)、右が記念品のくまトロフィーです。

くまは出雲に持ちかえって、この大会の優勝記念トロフィーとして自宅に飾りたいと思っています。


posted by ダイ&エイ at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

きまぐれUO日記:TC1 検証 Publish97での訓練に共なうテイム値の増加について

テイム値の標本値と計算式

Author:試作E型
-----


どうもエイです。

2017/03/16より、現在絶賛TC1でテスト中のPublish97で、大規模なテイミング関連の変更が入ります。

主なシステムは
・テイム可能な既存生物の追加
・新グラフィックのペットの追加
・ペット訓練システム


今回はこのうち、「ペット訓練システム」にまつわるお話です。

おおざっぱにペット訓練システムの特徴を上げると、
・コントロールスロット5未満のペットは、コントロールスロット増加と引き換えに訓練が可能
 (→5スロのGドラなどは訓練不能)
・訓練に入るためには、訓練用の経験値を100.0%にする必要がある
 これは訓練を開始した後、適切な難易度の敵を攻撃していれば上がる
・実際に訓練の際には、訓練用ポイントが与えられ、その範囲内で各種訓練を行なう。
 訓練用ポイントは1501〜(ペットの種類によって差がある)で、それを各種ステータス/スキルなどに割りふる。
 構造上は練成システムのそれに近い
・一回訓練を行なうたび、一定値?のテイム値上昇を共なう。
 この上限は108.0で、そこで止まる。
・訓練で上がったテイム値にテイミングスキルが届かなかった場合、それ以上は訓練できなくなる。

と言うような感じです。

ここで重要なのが、
・一回訓練を行なうたび、一定値?のテイム値上昇を共なう。
これが一体いくつなのか。公式からは特に発表がありません。

例えば、荷ラマの場合、Publish97でのテイム値は12.0※です。
※それ以前(Publish96まで)は11.1

1回目で33.0(この時、コントロールスロットのアップデートが入る)
2回目で36.0
3回目で38.0
4回目で40.0


と上昇していきました。
上昇幅は2.0もしくは3.0で、コントロールスロットのアップデートが入ったときに大きく上昇しています。
また、テイム値にも変更が入っている様子です。

…が、ここからはアルゴリズム解析をやってきた者の感ですが、
・一元管理する数式が存在する(直書きテーブルなどではない)
・旧テイム値をどこかで参照している(いちいち書きかえるのは不可能)
・数式はごく簡単な形になっており、複雑なものではない(対数とかは仕様していない)


となっているのではないかと予想しました。

さて、ここからは標本調査です。
まずは数式の計算結果となる、訓練後のテイム値を、訓練1回ごとに取っていきます。
これを複数標本で行ない、すべての結果と一致する式を求めれば良いことになります。

そして、さらに予測を立ててみます。
・旧テイム値を使っていると予想しているので、旧テイム値に一定値の補正がかかっている。また、それは四捨五入ではないか
・コントロールスロットのアップデート時には、固定値、もしくは訓練回数n回相当のテイム値の上昇がある
・訓練回数1回ごとの上昇数値は一定で、端数処理として四捨五入などの処理を行なっているのではないか

などなど。

(以下、試行錯誤)

そして、結果として出てきた式は以下の通りです。

新テイム値※1 = Round※2((旧テイム値+旧テイム補正値※3) + (テイム値増加係数※4*訓練回数))
※1:最小は0.0、最大は108.0になる
※2:Roundは小数点以下を四捨五入するものとする。
※3:0.5
※4:2.4

また、コントロールスロットのアップデート時には、8回分の訓練回数に相当するテイム値の上昇がある
(訓練そのものの回数も含め、8+1回で9回分)


と言う式が成立することが予想されます。


標本は冒頭の図にあるとおりで、5種類の生物において調査を行ない、全ての訓練回数で一致することを確認しています。


今後、これは変更にならないとは思いますが…
変更されたらまた式を求めるところからスタートです;


…さて、ではこれを何に使うのか。

それは、「テイム値をできるだけ抑えて、ペットの訓練をしたい」と言う人が使うものだと思っています。
例えば、新テイム値30.0までなら、コントロール値はゼロであるため、テイミング関連のスキルが入っていなくても扱えます。
この範囲で抑えたいときなど、訓練回数は厳密に決まってくるか、もしくは訓練は妥当ではない、とすることができます。
(例:荷ラマは一回訓練すると33.0となり、コントロール値がゼロではなくなる)

ペットの中には、内部数値上、テイム値がマイナスのものが存在し、こういう生物は30.0の範囲内でもそれなりの訓練ができます。

ペットの詳しいテイム値(旧テイム値)について:UOモンスター協会様 調教成功率計算
http://www42.atpages.jp/uoma/uo99pet.php

例えば、犬は-21.3(新テイム値は0.0)のため、上記式を用いると、一回訓練してもテイム値は1.0となり、まだかなりの余裕があることがわかります。

また、スキル値を60〜80程度の抑えたい、「サブスキルとしてのテイマー」向けでもあります。
この時も厳密に自分がコントロールできる範囲内にテイム値を納める必要があるためです。


以上、参考になれば幸いです。
もし変更があれば、本記事を変更していきます。
タグ:計算式 Pub97 TC1 UO
posted by ダイ&エイ at 10:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

気まぐれUO日記:出雲馬上槍試合(乱戦)に出場してきました!

第6回出雲馬上槍試合(乱戦)の記録


Author:試作D型
-----


どうもダイです。

昨晩になりますが、地元出雲シャードのニューマジンシアにて、第6回となる 馬上槍試合(正式タイトル:馬上槍試合Lanze de Angriff!〜Melee〜)が開催されました。
その大会に今回出場してきましたので、ざっくりとではありますが内容を出場者側の視点でまとめてみたいと思います。

詳しいルールや出場者については、主催者である出雲ニューマジンシア首長のBlog「出雲ニューマジンシア通信」をご確認ください。

参考リンク:出雲ニューマジンシア通信 様
URL:http://newmaginciaizm.gg-blog.com/

------

さて、今回の出雲馬上槍試合は、通算で6回目となる大会です。

ルールはいつもと異なり、4名1グループによる乱戦形式となり、2合打ち合って、トータルポイントが高かった上位2名が次の試合に進出するという形になっていました。

今回はルールの制約が比較的緩い(装備プロパは著しい問題がない限り不問、マナなどの回復剤使用は全面OK)ため、いつもの1対1のジョストとは違い、パワフルかつ混沌としか雰囲気を存分に味わうことが出来る内容になっております。

また、その競技中に1番槍をつけた騎士にはボーナスポイントが付与されるというのもあり、大変駆け引きが重要になるというのも見逃せません。


今回は昨年6月に続いて2回目の出場となりましたが、間に北斗3戦、倭国1戦と武者修業期間を挟んでいるため、比較的肩の力は抜けてきたかな?という感じでした。

出場キャラクターは前回の出雲と同じ、うちの1st騎士に決定です。

第6回出雲馬上槍試合(乱戦)の記録


見た目は普段の狩りスタイルと全く同じに仕上げてみました。
(武器はさすがにランスではなくて、ハンマーピックとかです)
さすがにDOOMに行くときは、これに帯+憲章とつけてはいるのですが、そこはお洋服カテゴリですしね…

プロパティ的には今回の乱戦仕様に合わせてギチギチに詰め込んであります。
(スタミナ180/速度60でランス1.5sec、命中45回避70、マナコスト45、マナ90、麻痺カウンターなどなど)


とにかく乱戦となると、長期戦に伴うマナ枯渇が危惧されるため、装備を2回ほど作り直してマナを限界まで詰め込みました。
マナ回復も見た目が許す範囲でギリギリまで搭載したので、何とか足りるはず…と一抹の不安は残したまま試合会場へ。

…あ、試合直前にLord落ちしていることを思い出して、大慌てで黒閣下にリハビリをしていました(汗
(その途中金閣下1体撃破してます)



今回の出雲槍試合は、エントリー15名、当日参加14名(1名は体調不良により欠場)となりました。
参加した騎士たちの一覧はこんな感じ…





と行きたかったのですが、スクリーンショットを取るツールの不具合+操作ミスにより、ろくなスクリーンショットが取れていないことが今朝発覚しまして、大変ガックリ来ております…TT





陣容的には、トリンシック騎士団員の数がやはり多かったのと、ベストパフォーマー賞が正式名称として付いた関係か、皆様々な装いをしていて、PDを眺めているだけでうっかり時間が過ぎてしまいそうになりました^^;



さて、今回の試合形式ですが、人数の関係で1回戦が4人x2、3人x2の4ブロックでスタートして、それぞれの上位2名が2回戦進出、そしてそれら8名を2ブロックに分けて試合を行い、それぞれの上位2名で決勝という形になりました。

また、2回戦までの敗者(今回は10名)で、エキシビジョンマッチ(5名x2)を行い、最後に立っていた騎士にも賞品が授与されるという、勝っても負けても見せ場のある内容となりました。


第6回出雲馬上槍試合(乱戦)の記録


自分は1回戦Bブロックから試合開始でした。
のっけからちょっとしたアクシデントがあり、試合差し戻しとかありましたが、それでも無事1位通過することが出来ました!
(スクリーンショットは1回戦の2合目の様子。他3名から一斉に狙われるというプレッシャーと格闘中でした;)

2回戦目も、当然勝ち上がり組である以上、楽はさせてもらえないな…と思いつつ、それでも一度も落馬せずに1位通過となりました!

昨年とは大違いの手ごたえに、若干の混乱をきたしつつも、決勝に向けて気合を入れなおします。


で、決勝戦の前にベストパフォーマー賞の投票がありましたので、ササッと投票を済ませてしまいました。
さらに決勝の前に、エキシビジョンマッチが開催され、今回も優勝は出来なかったリンゴ姫と、虹色ユニコに乗ったエルフの騎士様(大変生足がお綺麗でした…(何)が生き残りとなりました!
純粋に”最後まで立っていたものの勝ち”というルールも、エキシビジョンという形にすれば十分な魅力を引き出せるのだなぁと感心しながら見学していました。


…そして決勝戦。


お相手はトリンシック警備隊員、倭国のトリンシック黒騎士、出雲ブリティンの女性騎士の3名。
この3名は昨年の馬上槍試合で揃って上位だった方々であり、死闘が予想されます。

ここぞとばかりに残しておいた知恵のバームやマナドリンクを準備して、いざ勝負!




(相変わらずスクリーンショットを取っている暇がない+取れていても画像がおかしいため、画像なしですみません…)




その結果…


見事優勝致しました!


結局落馬したのは、1回戦に1回だけという、奇跡的な戦績でぶっちぎりの単独1位という結果になってしまいました…(汗
そしてさらに同着2位が3名という大変珍しい事態も発生しまして、一度自分は退避して、2,3,4位決定戦が行われることになりました。



そして、最終的な結果ですが、以下の形に決定することになりました。

・優勝:自分
・準優勝:トリンシック警備隊員 殿
・第3位:倭国のトリンシック黒騎士 殿

・ベストパフォーマー賞:リンゴ姫

リンゴ姫は相変わらずの人気爆発さでございました…



応援してくれた方々、槍を合わせてもらった選手の方々、そして司会進行・運営に尽力してくれた方々、皆様に感謝しております!
ありがとうございました!


なお試合時間は22時開始→24時半終了と、2時間半の激闘となりましたが、今回は試合中のレアケースが結構頻出してしまい、もっと時間がかかるものだと思っていました…
この時間でそれでも収まったのは、やはり司会進行のニューマジンシア首長、審判のジェローム首長、そして会場のリフを休まず行ってくれたニューマジンシア市民熊の方々の機転に寄るところが大きかったと思います。


-----

というわけで、どこまで行けるか不明だと思っていた乱戦の槍試合は、他シャードでの武者修行からの凱旋勝利という形で実を結ぶことになりました。

自分が勝ってしまってよいものかなぁ…と悩んでしまったりもしまいましたが、こうした奇跡を拾い上げられたというのも、また何かの縁なんだろうなぁと思わずにはいられません。

これは次回からはプレッシャーがかかるなぁ…と身が引き締まる思いです。


以上、第6回 出雲馬上槍試合の簡易レポートでした!


オマケ:
今回の賞品ですが、ルナ城内の自宅ベンダーハウスの玄関先にフリーロックダウン品として展示することに致しました。
リフレクトシャドウ色(おそらく)の木の箱が該当物になりますので、もし宜しければ、どういう品だったか気になる方はご確認くださいませ。

第6回出雲馬上槍試合(乱戦)の記録



posted by ダイ&エイ at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする