2015年03月15日

[小さな機械の相棒]Raspberry Pi 2+Raspbianで何とかFlashを動かしたい

RaspberryPi2(Raspbian)でどうしてもFlashが使いたい
Author:試作E型
-----


とりあえずRaspberryPi2を「低価格パソコン」として使う方向で弄っているわけですが…
つっかかる部分がけっこうありました。

その一つと思われる、Adobe Flash Player関連のお話です。

現在はできるだけHTML5に移行しているようですが、まだまだリッチコンテンツのコンテナとして稼動している例が多いように思われます。
YouTubeのHTML5プレイヤーはまだ大分重たいですし。

そしてLinuxだと、このFlashPlayerが単体で提供されておらず(ディストリビューションによっては入手可能)、さらにARM版となると、まともなビルドが無い、と言うレベル。
(RaspberryPi2のCPUであるBCM2836はARMv7)

一応、デフォルトブラウザのEpiphany+Gnashで何とかYouTubeは視聴可能ですが、
・シークバーを弄ると、ブラウザが落ちる
・動画の連続再生時には、ブラウザのリロードが必須

と言う感じで、あまり使い勝手は良くありません。

動画だけならOMXPlayerGUIにURLを送ると再生できるので、何とかなっているのですが、それでも
・シークバーが再生時間に連動していない
等の問題はあります。

そしてそれでも解決しない、Flashに依存したコンテンツ関連。
例えばニコニコ動画などは、Epiphany+Gnashでは再生すらできない状態。
あまりアクセスしないとは言え、Sims3関連の動画とかを見たり、YouTubeに無い音楽などを聞く時には使うから、再生できないのは困りもの。

…と言うわけで、何とかしてこれらのFlashコンテンツを再生しよう、と言うのが今回の目的です。

結論としては、Chromium(22.0.1229.94)+PepperFlashPlugin(12.0.0.77)で再生できました。
但し、ちょっと手間がかかります。

Chromiumのインストールは良い(古いのがリポジトリにある)のですが、PepperFlashがちょっと面倒。
Chromiumが古いのは別件で問題に…

■Chromiumインストール(一緒に日本語化しておく)
$ sudo apt-get install chromium chromium-l10n


■PepperFlash(ARMv7版)の取得
$ wget http://odroidxu.leeharris.me.uk/PepperFlash-12.0.0.77-armv7h.tar.gz

2015/10/21追記:上記アドレスが"404 Not Found"になっていたので、archlinuxのリポジトリ(alarm)から取得する
$wget http://mirror.archlinuxarm.org/armv7h/alarm/chromium-pepper-flash-12.0.0.77-1-armv7h.pkg.tar.xz

■取得したPepperFlashを解凍
$ tar xvzf PepperFlash-12.0.0.77-armv7h.tar.gz

$ tar Jxvf PepperFlash-12.0.0.77-1-armv7h.pkg.tar.xz


■PepperFlashの移動(インストールしたchromiumのプラグインディレクトリへ)
$ sudo cp libpepflashplayer.so /usr/lib/chromium/plugins/


■nanoにて、Chromiumのコンフィグファイル編集
$ sudo nano /etc/chromium/default

以下の記述を追加。
CHROMIUM_FLAGS="--ppapi-flash-path=/usr/lib/chromium/plugins/libpepflashplayer.so --ppapi-flash-version=12.0.0.77 -password-store=detect -user-data-dir"

CTRL+Oでセーブして、CTRL+Xで終了。

■ブラウザ(Chromium)起動して確認
アドレスバーに"chrome://plugins"と入力。
Gnashもインストールしているなら、一緒に存在が確認できるはず。
もし無効になっているようなら、有効にする。(デフォルトでは有効になっているはず)


これでYoutube/ニコニコ動画の再生を確認しました。
なお、ppapiであるPepperFlashでは、仕様上ユーザーニコ割は再生できないようです。
全うにコメントが表示されつつ再生されるだけでも御の字とすべきですが…

当たり障りのない動画再生中。
RaspberryPi2(Raspbian)でどうしてもFlashが使いたい

なお、PepperFlash(ARMv7版)をダウンロードしたサイトには、15.0.0.152もあるのですが、こちらは再生NGでした。
Chromiumのバージョンが古すぎるのが原因か、はたまた。


なお、メモリ使用量がかなり多いので注意。
ある意味RaspberryPi2(Mem:1GB)ならではの方法かもしれません。
posted by ダイ&エイ at 00:16 | Comment(1) | TrackBack(1) | コンピュータ:ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事作成お疲れさま〜

flashはなぁ…
我が家の中古ノート(Core2Duo U7500 MEM 2GB)でも、gnashだと”flashが古いから危ないぞ!”と文句を言われるようになってから、OpenSUSE 13.2上でFirefox+FreshPlayerPluginで動画視聴などを行っているけれど、CPU使用率もメモリ使用率もギリギリだしなぁ;

Chromiumを使うのは余り好みではないけれど、コレしか選択肢が無いのなら仕方ないかなぁとも思ったりしております。

しかしこれでRaspberryPi2でも、いつものマシンと同じように動画を視聴できる環境になったというのは、使い勝手的に大きな成果だと思うのです。

自分でもアレコレ弄くってみていますが、まだまだ理想的な環境には遠そうだなぁ〜
その分だけやり甲斐がある、とも言えますが。

Posted by 試作D型(ダイ) at 2015年03月15日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415620455
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Rasberry Pi 2でScratch 2.0を動作させる
Excerpt: Rasberry Pi 2で動作させるRaspbian OSではScratch ...
Weblog: あんじーのテクニカルブログ
Tracked: 2016-09-20 20:57