2017年01月04日

きまぐれUO日記:匠のフェスティバルの記録 in 出雲

Author:試作D型
-----

あけましておめでとうございます。ダイです。
昨年12月2日のメンテ明けから、UOでは匠のフェスティバルと称したバルク御焚き上げイベントが開催されておりました。

出雲ではバルクを効率よく集積・消化するための工房がルナ城内に建造され、日々首長たちと共にバルク作成に勤しんでおりました。

スクリーンショットはある日の工房の様子です。

匠のフェスティバルの各都市の記録



各都市の首長が、バルク作成や情報交換のためひっきりなしに出入りするため、プレイヤー間の社交場も兼ねていました。
こういう時に色々なやり取りがあったりするのを見ると、「あぁ、オンラインゲームやってるんだなぁ」と思います。

詳細については長いうえに画像も多いので、折りたたんでおきますね。


さて折り返しです。

匠のフェスティバルに関する基本ルールは以下の感じです。

・ツリーの成長段階は合計5段階ある

0段階目:更地
1段階目:芽吹き
2段階目:小さなツリー
3段階目:大きなツリー
4段階目:大きなツリー+オーナメント
5段階目:大きなツリー+オーナメント+頂点に電飾(アニメーションする)

・各段階に必要なバルク量は以下の通り

0-1段階:1,000貯金ポイント
1-2段階:2,000貯金ポイント
2-3段階:4,000貯金ポイント
3-4段階:8,000貯金ポイント
4-5段階:16,000貯金ポイント
------------------------------
合計  :31,000貯金ポイント


・ツリーの成長段階の途中までは、出したバルクの貯金ポイントの額に応じてプレゼントがもらえるのだが、5段階目まで完成させると、バルクを提出した全員に必ずプレゼントがもらえるようになる

・期間は各都市3日間+プレゼントの受け取りが1日の4日間が基準

・フェスティバルの開催には、市政ストーン内に資金が1M以上あることが前提

・プレゼントは、バルクを提出した人の銘入りの新型プレゼントボックス+八徳に関わる調度品(内容物はカルマに依存)



それでは、各都市での様子をざっくりを書き連ねておくことにします。
一応出雲の目標としては、利害もへったくれもない、”全都市ツリー完成”を目標に動くことになりました。
全プレならば、作ったバルクをだれが投入するかとか、妙な利害関係とかないですし。


■ブリティン(2016/12/02〜05)

匠のフェスティバルの各都市の記録


最初に開催されたのは首都(アルファベット順の巡回式)でした。

当初はまだツリー育成に必要なポイントやら何やらがイマイチ不明な状態で開始してしまったがために、銘々がとりあえずバルクを見て様子をうかがうというスタンスにならざるを得ませんでした;

それでも何とか3日目の朝ごろに完成したはずです。

この間、自分はTCなどでひたすらポイントの調査に明け暮れていました。
(出雲でバルクも作ってましたが…)

完成時点でのプレゼントボックスの山には驚かされました…
(これは、バルクを投入した人数に比例するという話が出てました)


■ジェローム(2016/12/06〜09)

匠のフェスティバルの各都市の記録


TCで得た情報をもとに、出雲ジェロームの開始直後にバルクを投入し、最終的なポイント推移を確定させました。
この時点で、「新バルクシステムの貯金ポイントで成長する、ツリー完成まで合計31,000貯金ポイント」という恐ろしい結果を導くことになったわけですが…
(当初はさすがに無理か?などと話をしていたのですが…)

確かジェロームは2日目終了直前(朝7:45ごろ)にツリーが完成したと記憶しています。


■ミノック(2016/12/10〜13)

匠のフェスティバルの各都市の記録


ツリー完成までに必要なポイントが判ったので、戦略を小口から大口(貯金ポイントの効率が10倍)へとシフトさせて迎えたミノック。
ミノックの初代首長(だったかな…)が大口バルクの投入式を1日目の夜に開催してくれまして、その時に第4段階まで成長、その翌日昼に無事完成となりました。

これ以降、出雲では「ツリーはみんなの前でバルクを一気に投入して、みんなで成長の瞬間を見よう!」という流れになったのだと思います。


■ムーングロウ(2016/12/14〜17)

匠のフェスティバルの各都市の記録


自分のバルクがもう有り余るほど出来上がってきたため、じゃあ成長式のようなものを自分がやってしまおう!ということになったムーングロウ。
成長式のようなものは2回実施し、1日目夜に第4段階(完成は5段階目)、2日目の夜に無事完成となりました。

匠のフェスティバルの各都市の記録


ツリー完成の瞬間。
バルク投入の様子は、投入している本人にしか見えず、成長した旨のメッセージだけが他人にも見える仕様なため、非常に地味になってしまうのが問題でした。


■ニューマジンシア(2016/12/18〜21)

匠のフェスティバルの各都市の記録


街も5都市目に入り、折り返しを過ぎたニューマジンシア。
ここからツリーの完成式は、その都市の首長にお任せするようにして、自分たちはバルクをこっそり渡したりする裏方になることにしました。
初日に4段階、2日目に完成とこちらも2段階の成長式+完成式を行いました。

匠のフェスティバルの各都市の記録


この時点でもう出雲は速度云々ではなく、イベント性を重要視しています。


■スカラブレイ(2016/12/22〜25)

匠のフェスティバルの各都市の記録


6都市目。丁度クリスマスシーズンと重なっていたため、ある意味一番プレッシャーのかかった都市ではないかと思います。
日付的には24日完成のほうがいいかなぁと思ったのですが、人が集まるかどうかが微妙になりそうだったため、祝日である23日の夜に完成式を執り行うこととなりました。

この辺から、自分の手出しバルクがほぼ使用せずに、工房のバルクのみで成長が完了するようになりました。

匠のフェスティバルの各都市の記録


ツリー完成の瞬間。
やはりみんなで見るとド迫力です。


■トリンシック(2016/12/26〜29)

And(161229-093727-00)_trinsic.jpg


7都市目。クリスマス後の最後の平日区間であるため、完成には一番遠いかもしれないという話にはなっていました。
…が、すでにバルクは残りの都市もカバーできるぐらい工房に溜まっていたため、トリンシック首長の予告通り27日の23:00に完成式を執り行い、無事完成となりました。

匠のフェスティバルの各都市の記録


トリンシックのツリー完成の瞬間。
…しかし、トリンシックのフェスティバル会場、地面の起伏が激しくてちょっと見づらい…


■ベスパー(2016/12/30〜2017/01/02)

匠のフェスティバルの各都市の記録


8都市目、年内最後の開催都市になりました。
もうバルク自体は十分な量(次のユーも含めて)あったため、大晦日に楽をするため、初日の30日の夜に完成式を執り行ってしまおうという話になりました。

匠のフェスティバルの各都市の記録


ベスパーのツリー完成の瞬間。
途中はベスパー首長がツリーを成長させたのですが、最後は副首長が完成させるという、なんとなくベスパーらしい展開になりました。


■ユー(??/??/??)

さて、ここで現時点で問題発生です;

開催最後の都市…かと思いきや、イベントがタイマー管理になっていた関係で、ベスパーまででタイムアップとなってしまいました(汗
(公式アナウンスでは開催期間が2016/12/01〜2017/01/01(EST)となっていて、かつ1日遅れだったため、1/3の朝メンテでJPシャードはイベント終了になってしまった模様)

バルクは工房に4万貯金ポイント近く余ってしまったりして、これからどうしようかと逆に悩んでしまっていますが、はてさて…

何とか再開してくれると嬉しいと思うのですが。


-----


以上、駆け足でしたが、2016年12月から1か月かけて行われた、匠のフェスティバルの各都市の様子でした。

期間中に出雲で作られた大口バルクは、ツリー育成分だけで約2,700枚(うち7割が布4パーツ大口、残りがリングとチェイン大口)、工房や各自の手元に余った分を合わせると、3,500枚ぐらいは作られたのではないでしょうか?
(イベントの初期〜中期は、小口も1,000〜1,500枚ぐらい作られたのではないかと推測しています)

これで当分はバルクを作らなくてもいいや!という気分になるぐらい、バルク作成を行いましたねぇ。

ただ、毎年やれ、と言われたら「疲れるから勘弁して!」と言いたくなりますが…
2017年もやるんだろうか、コレ。

posted by ダイ&エイ at 14:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事作成&まとめお疲れ様〜

当初はどのぐらいのポイントがかかるか、まったくわからない所からのスタートだったから、検証でポイントが判明したのは大きかったと思いますー

とりあえず、ユーは後々にでも開催してほしいと思うのです。
プレゼントいらないから…と願うところです。

まぁ、この手のバルクお焚き上げイベントは何らかの形であるとは思うのですが、この規模になるかは微妙かなー
Posted by 試作E型(エイ) at 2017年01月04日 15:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック