2018年01月03日

ペンタブレットをPTB S3BKからXP PenのStar 03Bに乗り換えてみました。

ペンタブレットをPTB-S3BKからXP PenのStar 03Bに買い替えてみました。


AUthor:試作D型
-----


どうもダイです。
新年早々いろいろバタバタしちゃっておりますが、何とか元気…なのかな?
(鼻水が止まらなかったり、ちょっと体調不良でもあります;)


さて、そういえばふっと今使っているペンタブレット(Princeton PTB-S3BK)のペンがちょっと弱ってきているなぁ…と思い、eBay辺りでまた替えのペンでも売ってないかと元旦に捜索を行ってみたのですよ。
本体はピンピンしているだけに、ペンだけ都合が付けばまだまだ現役!なのです。




…が、しかし、替えペン自体もう販売されていないことが発覚;
(最後に販売が確認されていたのが、2015年3月末のeBay香港)


PTB-S3BKのデフォルトペンは非常に使いづらいので、替えペンが入手できないとなると、そろそろこいつにも引導を渡すときなのかな…と考え、次の乗り換え先となるであろうペンタブレットの選定を行うことになりました。


選定に辺り、基本要求スペックを以下のような感じに想定しました。

・バッテリーレスペンであること(今まで使ってきたペンタブレットはすべてその方式で統一しているため)
・描画範囲は10x6インチあれば十分
・筆圧検知は2,048レベルあれば十分(ワコム製品の8,192レベルは過剰だと思っている)
・液晶タブレットではないこと
・Kritaなどで動作確認がきちんととれていること
・お値段が\10,000未満であること



これらの条件を元に、あちこちのサイトを調べて回ると、XP PenのStar 03シリーズが候補に挙がりました。
ちなみに価格はAmazonで\7,399の20%引き、\5,910で入手できました。

参考リンク:XP Penの該当製品情報ページ

さっそく元旦の夕方に注文しまして、発送開始が翌日のお昼。
そして到着がなんと同日20時ちょっと手前という、恐ろしい速度で届きました(汗


早速箱を撮影。

ペンタブレットをPTB-S3BKからXP PenのStar 03Bに買い替えてみました。


そしてペンタブレットを先代のPTB-S3BKと比較してみました。
※画像上のナンバーはそれぞれ以下のようになっています。
1.先代のPTB-S3BK+eBayで過去買った、台湾メーカーの替えペン
2.今回購入したXP Pen Star 03Bとペン
3.比較用に用意してもらった、E型の使っている、HUION H610の電池式ペン


ペンタブレットをPTB-S3BKからXP PenのStar 03Bに買い替えてみました。



こうしてみると、サイズ的には先代のほうが描画範囲が若干小さいわりに、筐体面積が大きいのが判ります。
Star 03Bのほうが筐体が小さく、デスクトップが多少狭くても使いやすい感じになっています。
ペンの作りはさすがに少し安っぽいなぁ…と思ってしまいますが、描き味が良ければ問題ないはず。


[動作チェック:ドライバインストール編]

というわけで、まずはドライバのインストールから…
と思ったのですが、いきなり躓きます;

インストーラーに、どうやっても「別のペンタブのドライバが入ってるから、先に消さないとインストールできないよ」と文句を言われてしまい、はてさてどうしたものか…と小一時間悩むことに。

一応XP Penの公式FAQに書いてあった、非常に泥臭い作業により、無事インストールできるようになりました。

■Windows/System32ないしSysWOW64の下にある、Wintab32.dllを手動で削除する
 (プロセスが立ち上がっていたら、あらかじめWintabプロセスを落としてから削除すること)

という作業が必要でした。

その後は無事ドライバも動き、ペンの設定なども出来るようになりました。
左利き設定などもこのドライバ上からでないと調整できないので注意です。

適当にボタン設定や筆圧をいじくってから、レッツ動作検証開始!


[動作チェック:描き味編]

…なにはともあれ、Kritaでの動作はどうか?という点ですが、特に特別な操作をせずとも無事動いてくれました!
PTB-S3BKの場合、画面描画範囲の設定をいちいち呼び出さないと筆圧が機能しなかったからなぁ…

肝心の描き心地ですが、ペンそのものは若干細いなぁと思うものの、描き味はまぁまぁ。
強いて言うなら、PTB-S3BKのペン先が沈み込むタイプのストロークに慣れてしまっているために、沈み込みの少ないこのペンでの描画にはちょっと慣れが必要だなぁと思った次第です。
(具体的には、ペンの入りは良くても抜きが早くて、細い線を長く描いたり、薄い色を重ねるのにはちょっとコツが必要)

欲を言えば、ペンそのものがもう少し太ければ、持ちやすく描きやすいかな…とは思います。


また、描画面は少し擦れるような感じはしますが、これは許容範囲内ではないかと思います。
(PTB-S3BKのデフォルトは紙やすりのようなレベルでざらざらしていて、オーバーレイシートを買わざるを得なかった…)


ただいま1枚色塗り作業中の絵があるので、これの仕上げを新ペンタブで行いつつ、少しずつ慣れていこうと思っています。
やはりペンタブ(というか筆記用具とか画材の類)は、本当に選定が難しい…><


[総括]

お値段の割にはまずまずのペン感覚を持っていると思います。
ワコム製品が最低でもこのクラスの製品になると、1024レベルの筆圧タイプで\14,000、2,048レベル以上だと\28,000〜\33,000まで高額になってしまうため、プロの方々でもなければそこまでして買う必要性はないと思います。

個人的には液タブはそこまで有用性を見いだせないので、より安価に、確実にデジタル画材として機能する板タブは大変ありがたい存在だと思っています。

先にも書きましたが、とりあえずリハビリをこなしつつ、このペンタブでお絵かきを進めていきたいと思います。
PTB-S3BK、結構な長期間お疲れ様でした!
(実は本体+デフォペン+オーバーレイシートの未使用品が1セット余っているのは秘密)




以下、余談:
Star 03Bを購入してから、同じXP Pen製でdeco01というものが見つかり、こっちのほうが良かったかな…と思ったりしました(汗

ちなみに以下の点が魅力的に映りました。
・8192レベルの筆圧検知
・ペンのポーリングレート266RPS(欲しいなぁと思っていたタイプのペンを使用している模様)
・同じくバッテリーフリー、描画面もStar 03より滑らかに見える
・お値段が2018/1/3時点で\5,999


ただ、問題点としては、
・新発売の製品(2017年12月発売らしい)であるがゆえに、Kritaの動作確認が全く取れていない
・同じ理由で、Linuxで使おうとした場合の動作確認も取れていない


こっちは性能的には良いけれど、人柱は覚悟しなければならないのがネックですねぇ…
posted by ダイ&エイ at 15:30 | Comment(0) | コンピュータ:ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

きまぐれUO日記:匠のフェスティバル2017の記録 in 出雲

Author:試作D型
-----


あけましておめでとうございます。ダイです。
* おもちもぐもぐ *

今年もバルク御焚き上げイベントである匠のフェスティバルが開催されました。
その時の様子などを振り返りながら、出雲シャードでの顛末を纏めてみようかと思います。


匠のフェスティバルの基本ルールは、昨年の記事を見てもらうとして、変更点だけ抜粋しておきます。

参考リンク:当サイトの昨年の匠のフェスティバルの記事

[主な変更点]
・ツリーの各育成段階の完成に必要なバルクの貯金ポイントが以下のように変更されていた。

0〜1段階:1,000貯金ポイント(変更なし)
1〜2段階:2,000貯金ポイント(変更なし)
2〜3段階:4,000貯金ポイント(変更なし)
3〜4段階:5,000貯金ポイント(昨年比-3,000貯金ポイント)
4〜5段階:12,500貯金ポイント(昨年比-3,500貯金ポイント)
---------------------------
合計:24,500貯金ポイント(昨年比-6,500貯金ポイント)

・各街で開催される間のクールダウンタイムが24時間から、17時間ないし次のメンテ開始のどちらか早い方に短縮された。

・プレゼントの中身の種類が倍増(去年と同型+今年の新型)、さらに去年のも含めてグラフィックの若干の改善。




なお今年の匠フェスでは、自分は合計350枚ぐらいは大口バルクを作ったのではないかと思っています(何
(そのほか、アトランから出雲へ武器大口を100枚、同じく北斗へ鍛冶大口を150枚寄贈しました)

匠のフェスティバル2017の記録 in 出雲
匠のフェスティバル2017の記録 in 出雲



スクリーンショットは今年の工房2か所の様子です。
鍛冶側は昨年と同じルナ城内1時方向の出雲ショップ1F、裁縫工房はルナ城内南東隅に移動しました。
そういや工房での作業風景はスクリーンショットに収めるのを忘れていた…(汗

各都市の様子については、長くなるのと画像が多いので折りたたんでおきます。

今年の一番の難関は、靴バルクの賄賂代と裁縫小口が足りないことでした…
posted by ダイ&エイ at 12:26 | Comment(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年を振り返ってみるのと、2018年の願望(年賀イラスト付き)

2018年年賀イラスト。


Author:試作D型
-----

どうもダイです。

年末の準備などでてんてこ舞いですが、何とかここまで漕ぎつけました。

年始用イラストも描き切ったので、この記事の内容を纏めている時点(2017/12/30)では、後は大掃除と31日のお重作成を残すのみとなっています。

D型の仕事はお重作成がメインなので、大掃除はE型に頑張ってもらうとしましょう。


さて、2017年ももう終わるという事で、簡単ですが2017年の総括と、2018年の展望を書いてみようと思います。
ややフライングの年賀イラストを見たり、年越しそばやお雑煮を食べたりしつつ、暇つぶしに見てもらえれば幸いです。


<2017年を振り返って>
・引っ越しをした
・冷蔵庫、エアコン、コンロを新規に調達した
・函館に墓参りに行った
・夏コミ(二人とも)、冬コミ(E型のみ)に参加
・イラストは線画17枚、着色うち16枚完成(1枚は引き続き色塗り中)



やはり今年は引っ越しが一番大きなイベントになったと思っています。
長年住み慣れた自宅を変えるのは、手続き上も心理的にも本当に大変でした…
ちなみに引っ越し前はビルトインコンロを使っていた関係で、引っ越し先では新規にコンロを調達しなければいけないことを知り、引っ越し直前に慌てて買いました;
ちょっと高かったけど、現在はいい仕事をしてくれています。

引っ越ししたのが6月中旬だったので、その後はバタバタとエアコンを新規に調達したり、夏コミに行ってきたリと、8末ぐらいまではちょっと忙しい感じが続いていました。

9月10月は平穏な感じでしたが、11月になると、冷蔵庫の買い替えと函館旅行(兼墓参り)があって、また忙しくなりました。
墓参りは久々に伯父と会うことが出来たので、個人的には大変有意義だったと思っています。
12月はまぁ例年通りの感じなので、忙しいといっても大体織り込み済みなので、特記事項は特にないんですよねぇ。


ちなみに冷蔵庫買い替えの効果は絶大で、エアコンの節電効果も相まって、一番かかりそうな冬場を想定しても400kWhに届かない状態になっています。
(電気料金的には10,000円前後)
しかも今年は灯油を使わなくて済みそうなので、引っ越し前と比べると、冬場の光熱費が-3,500円/月という猛烈な圧縮効果を生み出しています。
しかも冷蔵庫の使い勝手は快適なので、QoL的にも良い効果を引き出してくれています。

イラストについては、今年は完成16枚、作製中1枚と、例年以上に描けている計算になります。
これはUOのファンアートをA6のスケッチブックに描いていくというスタイルが下支えになってくれていたのが大きいですね。
(大体1週間ちょっとで1枚仕上がる感じでした)


他にもUOで色々せわしなくプレイしていたのですが、それはまぁ割愛します。
(UO記事の本数を見れば一目瞭然というか…^^;)




<2018年の目標>
・PC環境周りの改善(マシン組み換え、PC用椅子の新調など)
・引き続き函館への墓参り
・年間15枚のイラスト完成
・できればちょっと痩せたい


2018年は、いつもの目標に加えて、PC周りの住環境を改善したいなぁ…と考えています。
特にちょっと困り始めているのが、椅子。

今使っている椅子は、もう10年近く使い倒しているもので、座面とかかなりガタガタなんですよねぇ…
調べている限りでは、やはり良いなーと思う椅子(オカムラ製とかElgoHuman製とか…、あとアーロンチェアも)は、とんでもなく高いです(汗
(最低でも7万〜最上位で20万)
予算的には最大でも4万未満に抑え込みたいのですが、何はともあれまずはどこかのタイミングで椅子の座り心地を確かめに行かないとなぁ…と考えています。
とりあえず近場では、みなとみらいの大塚家具辺りが妥当だという話を聞いたので、適当な日を見つけて調査に行こうと思います。

あとはPC周りだと、そろそろマシンの買い替えも検討したいところ。
CPUを8コアクラスに換装してみたいと思うのですが、Zen2あたりになるのかな…と思っているのですが、まぁこちらもマシン1台分を丸々新造することになる(現在の手持ちメモリがDDR3だったり、ケースがかなり年代物だったりする)ので、費用もそれなりに覚悟しなければなりません。

こちらはうまく行って7-8月ぐらいに実現できればいいなーとは思いますが、まぁ現在のマシン構成でもまだ本格的に困っているわけではないので、1年ぐらい先延ばしになるかもしれません。
(しいて言えば、GPUをちょっといいものに換えたい、というのはあります)


あとはとにかく、健康で過ごせれば…と思いますが、そのためにも少し痩せないと!
5kg程度ダイエットできるだけでもかなり違うはずなので、来年はもうちょっと真剣に取り組むかなぁ…
(2017年は忙しさにかまけていて、ダイエットへの比重がすごく軽かった)




…というわけで、2018年もD型E型とイナムラ総研をどうぞよろしくお願いいたします。




12/31 追加:今年もお重を作成してみました。
費用を安く抑えつつ、食べるのが苦手なものを除外することで、無駄がなく毎年食べても飽きないシンプルなお重になっています。
(栗きんとんあたりはD型しか食べない、エビは頭の部分がD型E型共に大苦手、数の子はコレステロールが危なくてあまり食べたくない等…)

11時から作成して、お重に詰め終わったのが13:46ごろ。D型は煮しめ担当で、お重への詰めとその他かまぼこなどの切り分けはE型担当というのが習わしです。

今年もお重を作りました。


できあがりのお重をぺたり。
あとは年越しだけだー!

posted by ダイ&エイ at 15:44 | Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

気まぐれUO日記:Atlanticシャードでのベンディング備忘録

Atlanticシャードでのベンディングについて覚書

Author:試作E型
-----


エイです。

11月末ぐらいから、Atlanticシャードでベンダーのテスト販売をしています。
その結果を備忘録程度にメモしておきます。


ベンダーサーチについて:
ベンダーの数が根本的に多い上、金額の高いものも多いため、ベンダーサーチにだけ頼るとあまり見てくれない可能性あり。
そのため、古くからの方法である「ルーン撒き」を行なうと良い。

撒く時間は現地の活動時間に合わせるのが一番だが、できない場合はいつでも良いので撒いておく。
場所はルナゲート前、場内銀行前あたりが鉄板。ブリ1銀前も若干ではあるが人がいるので可。
人はメンテ直後(JST 19:00〜)でもない限りだいたい数名〜ぐらいは居る。

現地コアタイム…EST 20:00〜24:00として、JST 10:00〜14:00ぐらいが撒き時間帯。
アメリカ国内でも時差が5時間あるため、時間はけっこうずれても大丈夫。
なお、現地時間が土日ならコアタイムはあまり気にする必要はない。
JST 06:00ぐらいからだいぶ人はいる。


価格(出雲シャードと比較して):


■高いもの
・黒/白系の染料(特に黒)
黒色の自然染料は出雲の3〜4倍程度の価格。白でも2倍ぐらい。
徳之染料のシャドウダンサーブラックは並んでいるもので5倍程度もする(売れているかどうかは別)

・テレポ/インビジ装備
1チャージあたりの単価が2倍ほど高くても売れた。対人が盛んなせいと思われる。
また、普段はまったく売れない部位の装備でも売れることあり。

・パブリッシュ/イベント限定品
Publish98のタイタン侵攻品の布(赤)が1枚100k〜で引き合いあり。青はその2倍でも引き合いあり。
スペルブックなども軒並高値。
破滅投擲武器も若干ではあるが引き合いあり。

・一部の超越のスクロール
テイミングなど、有効かつ上げづらいものは0.1ポイントあたりの価格が数倍する。

■同じぐらいのもの

・パワースクロール/超越のスクロール類
シャード転送盾が導入されてから暫く経過したため、どのシャードでもだいたい同じ価格に。
ものによっては流通量の関係で、出雲価格より安いものもある。

なお、マスタリーはシャード帰属のため輸送不可。

■安いもの
・ソウルストーンフラグメント等、過去プレゼントなどで配布されたことのあるトークン類
原則だぶついている感じであり、1〜2割程度は安い。

・黒/白系以外の染料
自然染料に関してはそこまで安くないが、徳之染料は半額ぐらいまで落ちこむ。

・一部年度報奨
腐り家での回収などにより、だいぶだぶついていると思われる。
例えばアンク証書(5年)などは捨て値同然で出ていることもある。


また、シャードの状態としては

・装備品(ユーザー作成品)の質が低い上に高すぎる
錬成秘薬装備(主にトラベラー向け)がほぼ存在しない、もしくは高すぎる
(セットで200kぐらいもする)
安いものは30kぐらいから入手できるが、拾いものの組みあわせのため、瞑想可能状態がまちまちの上、装備条件が厳しいものも多い。
素の錬成のみで作成できる(強化もしない)品が出雲の3倍〜10倍ぐらいの値段で並んでいる。
作成難易度がそれなりにある装備品も、原価からするととんでもなく高いものが多い。

そのわりに、幸運装備(匠の地金必須)の価格が原価割れを起こしていたりするものもあり、何ともいえず。

・ペットが高すぎる
出雲では普通に手に入る2スロナジャなどのペットが、最低数M〜で取引されている様子。
対面取引か、ブローカーを使うしかないのが難点だけど…
転送するにも転送トークンが必要なので、ある程度高くなるのはわかるのですが。


とりあえずメモ程度に。
今後2〜3ヶ月ほどは頑張る予定なので、状況をまとめられればまとめる予定です。
posted by ダイ&エイ at 11:10 | Comment(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

(UOイラスト)謎セレブ(?)装備!

謎セレブ(?)装備!


Author:試作D型
-----


手前の記事で取り上げた謎セレブ装備のイラストを、年末のすきま時間にねじ込んでみました。
クリスマス前には仕上がった!

※装備の詳細なスペックなどはこちらの記事を参照。
参考記事:きまぐれUO日記:出雲♀テイマー用、実用的な謎セレブ(?)装備の作成(何

今回のイラストでは、両手の持ち物がスペルブック+ランタンというお出かけモード時に換装してあります。
元ネタのPDグラを引っ張ってきたので、見比べつつどうぞ。

謎セレブ装備の元イメージ


あと、構図的にギリギリ行けたので、はいてないしつけてません(何
…でも、セレブってはいてないしつけてないことも多いじゃないですか実際;
(画像検索すると、かなーり凄い格好が出てきます)

イラスト自体は、16日の夜から構図練りを始めて、完成したのが22日の夕方。大体6日弱ってところですね。
はかせないしつけさせない関係で、パーツが少し多くなっても、イラストの作成速度は確保できていたのではないかと思います(ぉ

しかし、肌の質感は本当に悩ましい…


今回は、自分の趣味丸出しで描くことが出来たので、大変満足しております。

年賀イラストも無事完成しているので、後は年末の更新準備と、31日はおせち作製だ…
2017年もあと9日、ラストひと踏ん張りしましょう!

posted by ダイ&エイ at 17:48 | Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする