2018年03月11日

きまぐれUO日記:♀弓手用、某コウテイペンギン風アーマーの作成(籠手なしダメ100試作型)

Author:試作D型
-----


どうもダイです。

気温の寒暖差が激しく、体調不良の沼からなかなか抜け出せません(汗
先週末に激しい体の痛みに襲われてから回復傾向にあった体調も、2日前ぐらいからまたおかしくなってきてしまっていて、日々の作業予定の構築が大変です><

…それはさておき、先日アトラン便に便乗させてもらったので、その間に買いためておいたキーパーツを使って、♀弓手用の装備をこしらえてみました。
プロトタイプゆえ、今回は仕様がやや抑えめの部材を使っています。
当初の見た目予想より斜め上に行ってしまいましたが…^^;


例によって長いので折り返します。


今回の敵は、強化のランダム内容でした><
posted by ダイ&エイ at 16:31 | Comment(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

【ネタバレ注意】きまぐれUO日記:PUB99のトリンシック騎士団クエの内容【TC1】


Author:試作D型
-----



どうもダイです。
風邪っぴきのため、現在身動きが取れない状況なので、UOの新PUB周りのチェックをしていました(汗
体痛いのと、のどの調子が凄く悪いです><


今回のPUB99ですが、タウンクライヤー周りなどが大幅にリニューアルされるのと、エンドレスジャーニー周りの関係もあって、プレイヤーロールを助けたり、復帰者向けのコンテンツとして、新規クエストが結構増やされました。

今回はそのうちの一つ、おそらくやってみたい人が結構いるであろう、「トリンシック騎士団」関係のクエストをTC1にてこなしてみたので、その内容を記載してみようと思います。



…大変ネタバレなので、PUB99が本シャードに来てから心を無にしてやってみたい!という方は回れ右をお願いします。




これはみんなでワイワイやれ、ってことでいいのかな?
posted by ダイ&エイ at 14:23 | Comment(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

気まぐれUO日記:E型メインキャラ向け装備「中華風格闘娘」作成

Author:試作E型
-----


エイです。

UOですが、今年最初のお色直しを行いました〜
そういえば、前回作ってから3ヶ月ぐらい経過していたので…

「何か普段使いに良さげな服を」と思っていたのですが、その検討中におもしろそうな組み合わせが見つかったので、採用することにしました。
ちょっと普段使いには向いてないかもしれませんが…たまにはこんな衣装もいいかなーと思っています^^

と言うわけで折り返しです。


メイジでもHPましまし。
posted by ダイ&エイ at 09:48 | Comment(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

きまぐれUO日記:黒セーター装備のマイナーチェンジ(次への布石)


Author:試作D型
-----


どうもダイです。


ちょっとふっと思うところがあって、出雲の♀弓手が現在着用している装備、黒セーターをちょっとだけ変更してみました。
変更点が微妙なのですが、これが次の装備への布石になるので、重要な変更点でもあります。


装備の見た目などについては、こちらの記事を参照してください。
(見た目は全く同じにしたので、こちら側では記載しません)

きまぐれUO日記:♀弓手用、2018年向け、コンポジ最終最適化対応装備の作成

以下は、変更点を記載した装備一覧のデータです。

黒セーター装備マイナーチェンジ


変更点は2か所。

・悟りの速攻ハイドアーマー ”ニットセーター(黒)Rev.2”キーパーツ
アトランで今年2月頭に仕入れてきた品になります。
マナコストが6%である以外は、これでもかという感じでプロパが付いている、弓手としては死ぬほどうれしい装備です。
換装前はここに作成品を使っていたのですが、次の装備ではハイドアーマーを使う予定が無いのと、換装前の装備で着用していた伝説級ボーンレッグをロスなしで運用したい状況になったために、今回換装という形になりました。

抵抗値は十分足りているので、素材強化は行いませんでした。


・魔力ボーンレッグ ”ニーソックス(黒)Rev.2”
伝説級をハイドアーマー側に適用したので、元々使っていた伝説級ボーンレッグを外し、代わりに作成品となる品を持ってきました。
条件はINT4だけで、マナコストもスタミナも足りることが判っていたので、Sルニでチャチャっと作って練成後、S皮で強化しています。
耐久値が150台なのは、プロパティ選定が楽なので、代わりのものを作るのに苦労しないことと、255にしてもそこまで消耗しないためです。
胴体と脚のマナコストの組み合わせが、本当に偶然6+8で一緒だったので、換装の際にマナコストへしわ寄せが行かなかったのは嬉しい限り。


-----

そして、換装後の最終ステータスは以下のような感じになります。
(武器を装備していない状態で撮影)

黒セーター装備マイナーチェンジ


マナは107から105へ落ちましたが、DEXが160までブーストされているため、カース耐性はこちらの方がわずかに上になりました。
抵抗値は91/78/84/75/83(実抵抗は75/75/70/75/80)と問題ないレベルで足りました。
スタミナ回復が2下がる代わりに、マナ回復が1上昇しているため、使い勝手は多分変わらないとは思います。
一応幸運が40増えているので、心持ち安心感はありますね。



さーて、これでフリーになったボーンレッグが、次の装備の下地になるのだ!

posted by ダイ&エイ at 19:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

きまぐれUO日記:出雲にマネキン博物館をオープンしました。

マネキン博物館をオープンしました。


Author:試作D型
-----


どうもダイです。

さて、ここしばらく家のセキュア整理などを行っていたのですが、大体目的が達成できたので、E型のサブアカウント側の家を、これまで我々が作製して着用してきた装備を一堂に展示する、「マネキン博物館」として大々的に改装することになりました。

タイトルのスクリーンショットは、博物館の場所と外観です。

場所は出雲シャード、マラスはアンブラ東門でてすぐの場所、PC酒場である双月亭さんの真裏になります。
パブリックハウスかつ、原則アクセスフリーですので、訪問はいつでも歓迎しています。



現在はまだマネキンの各説明書きが完成しきっていないのですが、D型E型合わせて70体ほどいるマネキンは見ごたえがあるかと思います。




以下は、博物館の案内になります。

■1F(展示室その1、およびお着換え工房)
マネキン博物館をオープンしました。


入ってすぐのエントランス部を抜けると、D型が作った装備の展示室になっています。
左側が♀弓手、右側が♀テイマーとそれ以外のキャラクターの装備になっています。

北西部分のカーテンの向こうは、我々のお着換え用装備がみっちり詰まっている、装備作成のための工房になっています。
(主に伝説級装備やアクセサリ、各種染料などが入っています)

階層移動は、1F中央の階段を使って移動します。
手前に見えるハウス間テレポーターは、それぞれの家へのプライベート用となっています。
(アクセス権の設定で、飛べないようになっているので、気になさらず)

また、玄関ステップ分にはアクセスフリーの転送台などを設置しています。
玄関前にはポストや掲示板などもありますので、感想など頂ければ幸いです。


<展示の様子:D型側>
マネキン博物館をオープンしました。


D型の作成した装備については、世代や年代ごとに解説用の本をマネキンの前に設置しています。
簡単な内容ではありますが、それらを眺めながらマネキンを見てもらうと、より楽しめるかと思います。
マネキンは装備が出来上がるたびに随時更新されますので、時折見に来ると良いことがあるかもしれません。


■2F(展示室その2)
マネキン博物館をオープンしました。


階段を上ると、E型の作成した装備をの展示室になっています。
左側は♀バードメイジ、右側はそれ以外のキャラクターの装備になっています。

エントランス部及び北西部分は吹き抜けになっていて、ちょっとした開放感を演出しています。
(そのぶん着替えの様子が丸見えになってしまいますが…^^*)

<展示の様子:E型側>
マネキン博物館をオープンしました。


E型の作成した装備については、核装備ごとに解説用の本を、展示列の端にある箱の中にまとめてロックダウンしてあります。
それぞれの装備の比較的詳細な説明と、現在どれを装備しているかの確認ができるようになっています。
(18/02/23時点ではまだ説明書きが60%程度しか完成していないため、随時書き足しが入る予定です)
こちらも随時マネキンが増える可能性があります。


■3F(展示スペースその3、及び休憩スペース)
マネキン博物館をオープンしました。


3Fは休憩用の小スペースと、D型E型双方が作製した、主にイベントなどで着用したマネキンを展示しています。
左側がD型の、右側がE型のキャラクターが着用していた装備になっています。

展示方法は、作成者の展示方法にそれぞれ準拠する予定です。
また、原則はイベントがあるたびに大体マネキンも増えていく予定なので、今後一番更新が多いのではないかと思います。



■屋上(撮影スペース)
マネキン博物館をオープンしました。


1Fエントランス部、階段の真裏(スクリーンショットでは紋章旗に隠れている部分)に、屋上行きのテレポーターが設置されています。
屋上は主に装備を作り終わった後に、お披露目用のスクリーンショットを撮影するためのスペースとして活用する予定になっています。
イベントも開催できなくはないと思いますが、現状はちょっと考えておりません。



-----

とりあえずはこんな感じで展示しておりますので、過去の記事であった装備を実際に見てみたい!という方がいらっしゃいましたら、ぜひご来場くださいませ。
何かアイディアや装備作りの一助になれば幸いです。


posted by ダイ&エイ at 22:41 | Comment(0) | UOプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする